三井住友カードローン 金利

カードローンを利用するために選択する銀行がいろいろな基準で選びますが、その中でも金利が低いかどうかで選択する人が多いですよね。総返済額が少なくなるので、返済が楽になるというメリットがあるのはもちろんですが、低い金利で貸付をしているということはより利用者の立場を考えてサービスを提供していることにもなるからです。

そして低金利のカードローンサービスを提供している銀行の一つに三井住友銀行があります。この銀行は即日融資可能、専業主婦やアルバイトでも利用可など借り入れしやすいとして多くの人から好評です。

そこで三井住友カードローンはどのような条件なのかをこれから見ていくことにしましょう。

三井住友カードローンの設定金利

三井住友カードローンの金利は年4.0%から14.5%となっていて、銀行カードローンの中でも低くなっています。適用される金利は設定した限度額によって変化するのですが、一定の範囲の限度額の中でさらに設定される金利に幅があります。具体例をあげて説明すると設定限度額を50万円と定めた場合は年12.0%から14.5%の中から決められることになります。そのため一定の範囲の限度額の中では適用される金利が固定されているみずほ銀行と比較すると高くなる場合と低くなる場合があります。
また三菱東京UFJ銀行は三井住友銀行と同じような形になっていますが設定限度額を50万円と定めた場合に適用される金利は年12.6%から14.6%までとなっていて三井住友銀行より若干高いです。

またみずほ銀行など多くの銀行は住宅ローンのサービスも提供していますが、もしカードローンと住宅ローンを同時に利用した場合、適用される金利が優遇される特典を受けることができるところが多いですが、三井住友銀行も住宅ローンを利用してしっかり返済している場合はカードローンの金利が優遇されることがあります。
ただ対象となる住宅ローンはあくまで三井住友銀行の保証会社が保証するもので、住宅金融支援機構が絡むフラット35の場合は対象外となります。

借金返済やローンの一本化をしたい方はこちら